とにかく何かしらの行動を

大学を中退するというのは、人生にとって大きなことである。それは、世の中が学歴社会であるということと、決して無関係ではない。未だ学歴が重要な指標となる社会にとって、大学中退という道を選んでしまうということは、リスクが高いといわざるを得ないのだ。あえてそうしたリスクの高い道を選んだということについては、何らかのやむにやまれぬ事情があるのだろう。しかし、大学を辞めたことについて不安や後悔を感じても、もう遅い。この上は、とにかく行動を起こすということが最も重要となる。
具体的には、社会から離れれば離れるほど、のちのちの就職に不利に働くということを肝に銘じておかなければならない。大学を中退してから何をしていたかも大切だが、これから何をするかも重要だ。たとえば、すぐに行動を起こし、就職活動形をしてみても良いかもしれない。しかし、大学中退というのは学歴としては高卒扱いになる上に、物事を中途半端に投げ出したというイメージを持たれがちである。そのため、生半可なことでは、この不況の時代に正社員を勝ち取るのは難しいことだ。
正社員を勝ち取るためには、まず経験を積むということもひとつの手だろう。アルバイトをしながら資格の勉強をするとか、あるいはそもそも手に職を付けるために、何らかの職業訓練のようなものを受けてもいい。何にせよ、なにもしないで停滞しているということが、最も不安を駆り立てる行為だ。不安を除くためには、まず何事かをやってみる他にはないのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です