不安になる必要はない

大学を中退してしまった人は、多くの不安があるだろう。その中には、将来的に就職できるのかどうかわからないという不安もある。不安が出てくるのは当然のことだが、その必要はない。というのも、実際に社会に出てから、学歴を問われることはほとんどないからだ。
もちろん、最初に面接をするとき、履歴書の中身を見られることにはなる。しかし、その会社でいかに役に立てるのかということをアピールできれば、それほど問題はないのだ。後は、実力があるかどうか、そこにかかっている。やりたいことがはっきりとしていて、それでいて大学を自分の意思で中退したというのであればなおのこと、何一つ不安に思う必要はない。学歴ばかり見るような会社もあれば、学歴を全く見ずに実力のみを見る会社もある。できるだけ、後者の会社を選ぶというのもポイントだ。そして、大学を中退したからといって、自信を失う必要はない。むしろ、他の人よりも早めに社会を知るチャンスを得ることができたと、前向きに考えるのもポイントだろう。実際に大学を出たからといって、現場で即戦力として活躍するのは難しい場合も多くある。逆に、大学を中退した人でも実力があれば、即戦力として働くことが可能だ。
そのように考えれば、不安もだんだんなくなっていくようになる。特に、若ければ自信を失いがちだが、社会の厳しい風に負けず、大学を途中でやめたという自分の判断に胸を張るべきだろう。社会に出れば全て自己責任で、自分の判断で決定したことであり、後悔しなければそれで良いのだ。~参考情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です